カーポート大雪被害で解体・撤去!杉並・練馬・板橋・武蔵野・墨田・三鷹

いつもありがとうございます。

ワッツアップジャパンの佐治良太です。

それにしても、先日の雪の影響は大きいですね。
孤立している地域の皆さまの健康状態など心配です。

当社には今日も、テラス(屋根)やカーポート、サンルームの屋根材が
壊れてしまったというお客様からのご相談が数件ありました。

解体・撤去となった以下の地域をまとめてご紹介したいと思います。

  • 東京都杉並区
  • 東京都三鷹氏
  • 東京都武蔵野市

また、見積り依頼があった以下の地域もまとめてご紹介したいと思います。
もちろん、雪の影響とは関係なくエクステリア商品の設置依頼をされたお客様もいらっしゃいます。

  • 東京都杉並区×4
  • 東京都練馬区
  • 東京都武蔵野市×2
  • 東京都板橋区
  • 東京都墨田区

解体・撤去工事、杉並・三鷹・武蔵野市

先日、解体の見積りを頂いたお客様の解体工事に伺いました。

やはり雪の影響で倒壊したカーポートです。
3件のお客様のお宅にお伺いし、まとめて解体工事をして参りました。

大雪の被害にあった事例

全ての施工事例を記載するのは難しいので、後日改めて一部の施工事例を公開したいと思います。

解体・撤去1件目は杉並区のお客様。

両柱のカーポートだったのですが、
真ん中の骨組みがへこんでしまい、崩れてしまいました。

しかも、運悪く車が駐車してあり、サンルーフが破損している状況。

まずは、へこんでいる箇所を力づくで持ち上げ、
キズがつかないよう慎重に車を移動させます。

あとは、ビスを外しながら、抑え縁、屋根板、骨組み、柱の順に部材を外していくだけ。

基本的には組み立ての工程と逆に進めていくと安全且つスムーズです。

 

解体・撤去2件目は東京都三鷹市のお客様。

こちらは片流れのタイプで、柱がぐにゃりと曲がってしまっています。

幸い車はなかったので、1件目と同じ手順で解体しました。

 

解体・撤去3件目は東京都武蔵野市のお客様。

こちらのカーポートは、垂れ木が大きく損傷してしまい、
バッタリと倒れてしまっている状態。

見るも無残な姿でしたが、こちらも車がなかったので、
解体はスムーズに進みました。

東京都杉並区のお客様から複数件見積り頂いています。

杉並区では、先代の時からお世話になっているお客様も多い事から良く問い合わせを頂きます。
今回はHPをご覧になって依頼頂いたお客様からも問い合わせありました。

サンルーム付け替え見積り依頼!当社DMにて問い合わせ

先日、当社お客様へお送りしたDMを見てご連絡をいただきました。

今回はサンルームの付け替えの見積り依頼をいただきました。

寝起きができるようなスペースが欲しいというご要望なので、
居心地の良いガーデンルームなどをご提案させていただこうと思います。

また、玄関前に門扉を設置する見積り依頼もいただきました。

雪の影響でカーポート倒壊!
解体と撤去手配かつカーポート新商品のご提案

こちらも東京都杉並区のお客様。

雪でカーポートが倒壊してしまい、
そのカーポートの解体と新たなカーポート取り付けのお見積り依頼をいただきました。

現状、倒れたカーポートが車に寄りかかってしまっているという危険な状況なので、
取り急ぎ、金曜日に解体と撤去を手配。

その後新商品のご提案をさせていただこうと思っています。

カーポート見積り頂いたお客様より「物置」の見積り

記事には投稿できていませんでしたが、雪で倒壊されたカーポートの御見積もりを頂いているお客様。

「物置」も設置希望という事で見積書をお届けしました、

このように合わせて見積りを依頼された場合、可能な限り格安にて御見積もりさせて頂いております。

合わせてご提案頂くとお得になります。
是非、ご検討下さいませ。

大雪で損傷したテラス・屋根の屋根材張替えと補強提案

またまた杉並区のお客様のお宅。
雪で損傷したテラス(屋根)の確認を。

屋根材1枚の張り替えと全体の補強をする方向でお話を進め、
開閉の調子がよろしくないという門扉のチェックもさせていただきました。

やはり大雪による損傷は大きいですね。
現在設置されているカーポートやテラスも補強や補助が必要かと思われます。

東京都練馬区のお客様からサンルームのお見積り

大雪の被害では、主にカーポートやテラスが被害に遭うのですが、
なんと今回、練馬区のお客様からご依頼頂いた内容はサンルームの屋根材損壊の問い合わせ。

具体的にみていきましょう。

屋根からの落雪でサンルーム屋根材破損

屋根からの落雪でサンルームの屋根材が損壊してしまったと問い合わせ頂いたお客様のお宅へ。

商品はすでにエクステリア業界から撤退してしまったメーカーの製品でしたが、
幸い骨組みに大きな損傷はなく、屋根材の交換だけで済みそうでした。

今週も雪や雨の降る日がありそうなので、
お客様がご購入されたブルーシートをお借りして、
取り敢えずの雨避けをしてきました。

屋根から雪の固まりが落雪して屋根材が損壊するレベルとなるともし人が居たら恐ろしいですね。
幸いケガ無くて良かったです。

東京都武蔵野市のお客様、
大雪被害でカーポートと門扉の損傷が激しい様子

大雪の被害は恐ろしいもので、
補助柱等のサポートが無いお客様では被害は拡大している様子。

東京都武蔵野市のお客様から問い合わせ頂いた現場は、まさに対策必要を余儀なくされる内容だったのでご紹介します。

カーポート倒壊による解体・撤去作業!大雪の威力とは?

カーポートが倒壊したというご連絡をいただいていて、
本日はその解体と撤去作業をしてきました。

現在は車をご使用されていないということで、
大きな被害がなかったのがなにより。

カーポートの垂れ木材がポッキリと折れてしまっていたのにはびっくりしました。

アルミ商品がそのような状況になっているのを初めて見ました。

雪の力って本当にすごいですね。

今後も大雪対策は必須かと思います。

このような状況になりますと、メーカーもカーポートや補助柱の注文が殺到し、
欲しい時に購入できないいわゆる在庫切れが発生します。

今回を教訓に大雪対策は必要ですね。

大雪の被害によりカーポートだけでなく跳ね上げ式門扉も倒壊

先日の雪でカーポートと跳ね上げ式門扉が倒壊しまい、
すぐに解体と撤去をさせていただいたのですが、
引き続き、新しく設置する商品のお見積り依頼をいただきました。

ありがとうございます!

カーポートは、大雪を考慮して補助柱を付けることを推奨させてもらいました。

跳ね上げ式の門扉の被害はあまり聞きませんが、大雪被害になり得るわけです。
跳ね上げ時に被害に遭われた模様。

自然災害の脅威を目の当たりにしました。

先日見積り頂いた板橋区の車庫シャッター幅の見積り確認

東京都板橋区のお客様との商談。

先日の現場調査をもとに、折戸門扉と2段フェンスの見積りを作成し、改めてご説明に伺いました。
基本的には、当社のご提案をお気に入りいただいたようなのですがどうでしょうか。

ご契約に繋がるととってもうれしいのですが…。

墨田区のお客様、バルコニー屋根見積り依頼

最後は23区内を横に移動して墨田区へ。

当社のHPを見てお問い合わせをいただいたお客様を訪問。

バルコニーの屋根の見積り依頼をいただきました。

途中、スカイツリーが見えたのでパシャリ。

本当にデカイですね。

IMG00389

 

みなさま、お問い合わせ、お見積り依頼、本当にありがとうございます。

雪の被害によるカーポートやテラス(屋根)などのお問い合わせが、
続出してましたがようやく落ち着いてきました。

この道40年以上の父も、雪の影響でこれほどお問い合わせをいただいたのは初めてと、
目を丸くしております。

縲恪イ治良太のひとりごと縲彌r

突然ですが、昨日工具を購入したんです。

職人さんたちが「サンダー」と呼ぶもので、
我々はアルミの切断や研磨に使用する工具です。

今日の解体工事のために新しく用意したのですが、
使用後数時間で故障が発生。やられました。

メーカーは一応業界では一流と呼ばれるところなのですが…。

工具に限らず機械って本当に当たり外れがありますよね。

ホント参りました…。


------------------------------------------------------------------
お見積もりは無料!
お気軽に03-6794-2617までご連絡ください。
施工実績が東京都内+埼玉一部地域にてダントツの10,000件以上!
エクステリア一筋45年、施工実績10,000件以上を誇る実績だから提供できる
格安で安心できる施工をご提供します。

池袋・板橋を拠点に、東京都杉並・世田谷・板橋・練馬・中野・池袋・武蔵野を
中心に数多くの信頼を得ています。

◆株式会社ワッツアップジャパン◆

■所在地
〒177-0045 東京都練馬区石神井台6-19-5 H.A.B.石神井台 E号室
■電話 03-6794-2617
■定休日 日曜日 年末年始 GW お盆休み (祭日は営業しています)
■営業時間 月曜〜土曜 9:00〜18:00
(固定電話ですが、営業担当の佐治に転送されます。
また、上記の時間で都合がつかない場合、時間外でも問い合わせ可能です。
電話に出られない場合は折り返しご連絡致します。)
------------------------------------------------------------------

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
footer

このページの先頭へ